1,私たちは、ボディパーカッションを通して、
  お世話をしてくれる多くの方々への感謝の気持ちを
  忘れず、明るく元気いっぱい演奏活動をします。

2,私たちは、ボディパーカッションを通して、
  「よろしくおねがいします」「ありがとうございました」と
  進んで、言える子どもになります。

3,私たちは、ボディパーカッションを通して、
  社会に貢献し世の中の人々へ喜んでもらえる
  演奏活動をします。
                            (文責 山田俊之 1994.4.1)

(三誓訓は1994年(平成6年)、児童の音楽団体としてボディパーカッションクラブを
 結成しその時、子ども達に願いを込めて作った誓いの言葉です。練習の始まりと終
 わりには黙想を行いその後に必ず唱えています。)